茶にも発病!

これは、炭疽病の発病葉です。長雨と、無防除が原因です。

長雨、雨季が長かったことは、野菜だけでなく、茶にも影響がでる一例です。

炭疽病は、一定の条件のもとになると、必ず発症します。割りと対策が打ちやすい病気のひとつですね。


これは、ただいま抜根中の茶畑の一部ですから、ご心配なく。

秋山園はもともとが、農薬使用量回数とも少ないのは、ご案内の通りですが、この写真の茶畑は、二番茶後一度も防除しませんでした。

やはり、予想通りなのですが、確実に炭疽病は出ました。特に、『ヤブキタ種』においては、炭疽病は発病しやすいのです。

ヤブキタ種において完全無農薬は、何かの薬剤に代わるものを使用しないと、無理に思われます。

最近では、漢方薬またはある種の菌体類を利用している栽培法もあるようですが、そういうものを使って無農薬と言っているのは、何かひっかかるような気がして、眉つばのような気がしてしかたないのですが…

またさらに、勉強して、皆様にご報告できるように努力致します。m(__)m

次の記事

抜根、植え替え