茶業視察・和束町より

本日、京都府内でも有名な茶産地和束町より、茶業青年団ご一行様が、秋山園茶業視察に見えられました。写真は、講義のひとこまです。


わざわざ、遠路はるばる京都から、この地富士市まで茶業視察に来られまして、少しはお茶のためになりましたでしょうか?

真面目なお茶の話から、面白い下ネタまで、笑いを混ぜながら、長々と喋らさせていただきました。

これからの若者茶業者が、如何にして茶業展開をしていくのかに、何がしかのサジェスションになればと思い、栽培や製造、ネットの話から、飲み屋さんでのうけねた話など、実に多岐にわたる話をして、つい話が長くなってしまいました。
これからの若手茶業者が、どのように活路を見いだしていくか、大変な時代になってきました。
様々な課題や問題もあります。変化を常として、時代に合った形でそれぞれが活躍して欲しいものですね。

最後に、つたない解説と講義でしたが、これもひとつの縁として、また末永くお付き合い願えれば幸いです。

前の記事

白菜の寒干し

次の記事

カルチ・耕起