蒟蒻の花


以前にも、ブログで紹介したことがありますが、この何とも言えないオドロオドロしいものは、蒟蒻芋の花です。マレーシア辺りか、スマトラ半島辺りか定かではありませんが、世界一大きい花もこんな形だった気がします。確か、蒟蒻芋の仲間の花だったと思います。


茶畑には、昔は蒟蒻芋を植えたようです。我が家の、屋敷前の茶畑にはその名残だと思いますが、蒟蒻が生えてきます。
以前、子供の夏休みの自由研究で蒟蒻のできるまでをやりましたが、苦労しました。
まぁ、そんなこんなで、いろんな現象が自宅周りで観察できて、我が家は居ながらにして、キャンプそのものか(笑)
さて、5月2日は八十八夜という言葉も死語になってしまった感があります。ゴールデン・ウィークを遊びで過ごすのも良いが、よーく考えてみるのも良いでしょう。
頑張れ日本!何それと思っている輩もいることが残念です。
頑張るぞ、日本農業!拍手!