里芋の始末



なかなか出来の良かった里芋を少しずつ掘り出しては片付けております。
突然、宅配便にて里芋が届いた方々もいらっしゃるでしょう。皆さん驚きの声をお寄せいただいております。楽園?の住人からのささやかなお裾分けといったところです。


里芋も何年間か作り、段々ポイントがわかってきました。勿論緒先輩方々からの経験談や知恵も拝借いたしました。
最大のポイントは、品種ごとの特性を理解して、手抜き作業をしないことにつきます。肥料や防除よりも、農作物の身になって、先手先手の作業が良い収穫をもたらすものと理解いたします。
来年度の里芋作付けは、今年よりも少し減らす予定です。また、新たに「赤芽」の作付けを増やします。
茶販売店舗の片隅で里芋と野菜の販売もささやかに始めています。お立ち寄りの節には、手にとって品定めして下さいな。