里芋の釜茹で始めました。


里芋は、6品種を合計推定約2トンあります。少しずつ掘り出しては、産直や店頭に並べます。里芋を釜茹でして、直ぐに調理に使えたり、そのまま食べたりすることができ、忙しい主婦には喜ばれるようにと、ひと手間かけております。


最近のテレビでは、海老芋の番組が放映されて、芋の品種として、広く認知されるようになりました。
釜茹でに使う里芋は、ワセ芋の石川早生がメインですが、海老芋のカシラや、小芋も釜茹でします。
里芋のぬるめは、脳に良い効能があるようです。脳響水(のうきょうすい)を作って、飲用や調理に使って、脳疾患予防に役立てている方もいるようです。
さて、毎週日曜日がイベント続きでした。早いとこ、サツマイモを掘り出して、コンテナ保管したいのですが…寒くなって慌ただしい…

前の記事

白菜の出来は?