釜火入れ…逸品茶会へ向けて


盛夏も過ぎ、すっかり秋めいてきました。夜になると秋の虫の音が、冬が来るよと知らせているかのように聞こえます。
さて、これからが暖かいお茶がさらに美味しく感じる季節となります。身体によい食べ物や飲み物は、身体自体が、感動や喜びを呼びおこし、美味しいと感じるものなのでしょう。
写真は、釜いり機の中でも希少価値のある締め炒り機と言われるものです。釜炒り茶の仕上げ乾燥は、この機械で火入れ仕上げ乾燥をしました。ゆっくりと、そしてしっかりと乾燥させました。


この時期になると、新茶時に作っておいたお茶を出して、ゆったりと仕上げていくのが秋山園流と言えば聞こえはよいが…本当は、真夏の暑さの中での火入れは非常に難しくて、避けているのが本当のところです。大手お茶屋さんには、完全空調設備を付けて、労働環境も整えてやっているところもあります。秋山園は小規模零細茶業者ですので、真面目だけが取り柄とも言えますが、年間の季節と作業バランスをみて、仕上げなどを行います。ですから、これからがまた一段と多忙になるのです。
この時期になると、お茶の味と香りが落ち着き、熟成とも言える味わいが出てきます。勿論、それを味わう人間の感じ方も季節により変化するとも言えるのでしょう。
玉露などは、これからが新茶の始まりとも言えます。
写真のお茶は、11月に静岡茶市場で行われる逸品お茶会にて試飲販売をします。日本茶に興味のある方々にご来場していただき、ご意見ご感想を賜りたいと思っております。
秋山園秋山勝英でした。