頌春・迎春・初春・新春

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
元日の今朝は、良く晴れて凛とした寒さの中、2011年を迎えました。実に、正月らしい空気感がいたしました。
穏やかであることの、安心感の中で息子達と共に国旗を掲げました。
写真は、富士山こどもの国入り口にて10時頃です。


例年ならば、演習場に萱刈りに出かけるのですが、今年は、やめました。

正月に大人しく家にいるのもまた、平穏無事、無病息災の元であろうかとも思う境地に至った訳であります。
紅白歌合戦終了後、地元の今宮浅間神社に初詣に出かけ、その後「朝までテレビ」を朝まで見てしまいました。
今年は、メディアの新しい活用、新しい胎動が期待できるかもしれないとの感想を持ちました。

我が家の子供達も、成長して、年末の緒仕事の手伝いをしてくれるようになり、頼もしくなると同時に、我々が歳をとったと感じる年の瀬でした。

皆さま方におかれましても、それぞれの新年を御迎えになり、新たな気分でのスタートを切られたことと拝察致します。

つらつらと、新年を迎えての雑感をそこはかとなく綴ってみました。

本年も宜しくお願いいたします。

秋山園代表茶師・秋山勝英
m(__)m m(__)m m(__)m

前の記事

大晦日