香り談義

最近お茶についての 「香り」 談義をする機会が続けてありチョッと思ったこと。
お茶の香りに特徴を持たせて・・・など香りに注目があつまっていますが・・・
『お茶に興味があり色々な「お茶」を楽しんでいる方』・『お茶を生産している方』・『世界のお茶を研究取材している方』・『台湾に行きお茶の醗酵に魅せられた方』・・・などここの所話の中で「お茶の香り」について話が弾んで思ったことは・・・


私は結婚を期に「日本茶」に深く親しむようになりました。
「お茶」を “おいしい” と思ったのは、あるお茶屋さんの「七夕の会」に行き、お煎茶の席で水出し煎茶を頂いた時「お茶ってこんな味がするんだ!」と味わった事のない旨味に驚き、今でもその味は印象に残っています。
以前もお話しましたが、私が主人について行ける理由の一つは
初めて主人の淹れてくれたお茶に感動したからです。今思うとそれは「香りと味」がとてもバランスよく 「香り」と言えば「香り」  「味」と言えば「味」 相俟った逸品だったと思います。
水出し煎茶には無い「品のある暖かい香りと味わい」が心を解きほぐしてくれたように感じています。
なぜそんな事を改めて思ったかといえば、
お茶の生産者の方々が先日視察研修に見えたとき、お出しした「お茶」と茶殻を手に取り
「これなんだよなぁ~」「この香り」「俺達の方は深蒸しが主流になっちまってこの香りが出せんだがや」
と懐かしそうに急須に鼻をつけて「香り」を味わっていたのを見て
「おいしい」って味が主流の感じがしていたけれど「香り」も大切な役割をしていた事に 改めて気付かされました。
そういえば、色々なお茶に興味をお持ちでご来店頂くご夫婦も「香り」と言うものにとても興味をお持ちで、奥様はアロマテラピーにも詳しく私の知らない「お茶」や「食べ物」の話をよく伺います。
「アロマとお茶のもつ香りも共通点がありますよね」 なんてお話をさせて頂き楽しかったです。
話の中でアメリカでは健康を考え ノンシュガーのお茶が注目されているそうですが、お茶そのものの味は受け入れ難いらしく果物などの香りを添加しているそうです。
添加した香りはそのご夫婦にはチョッと受け入れがたいものがあるそうですが、そこは私も同意見。
天然で面白い香りが出せたら楽しいですよね。
でも所変わればその方がOKだったりするんですよね^^;(Kさん 私の理解の仕方が違っていたらごめんなさい)
台湾などで作られる包種茶。
烏龍茶ほど醗酵させず作るお茶ですが、香りは烏龍茶に近く味は緑茶に近いと言うお茶。
醗酵を学んでいる女性がもう15年ほど前になりますでしょうか。秋山園にアルバイトに来てお茶に親しみ 今では台湾の醗酵茶である包種茶に魅せられ 台湾のお茶作りの第一人者である「叙」先生の下で醗酵の研究をしています。
私も包種茶の香りは面白いと思います。それと同じような香りを埼玉の方が作ったお茶に感じました。
日本茶の品種で作られていました。香りは包種茶の様で水色はチョッと濁った日本茶と言う感じでしたが、明らかに香りに特徴を持たせたお茶で面白いと感じました。味と言うより香りで満足しました。
「これ あり!」 と思いました。
こうあるべき。と縛られている日本茶も もっと冒険していろいろありでもOKなんだ と言うかそれを望まれている方が多いと言う事を再認識しました。
「日本の○○さんの作った○○という品種を○○製法で作ったお茶」 なーんて面白いですよね。とっくにやってても良いはずなのに・・・
お茶最盛期の忙しさ(余裕のなさ)と機械などの設備を考えると現実には一つ一つといった所ですが
なにかわくわくする感じがしました。
香りは味でもあると思います。
バナナエキスを砂糖水に溶かし目を閉じて飲むとバナナジュースに思えるのと一緒だと思います。
香り 香り・・・・  
今 急須がない家庭が増えていると言われます。
「日本茶」に魅力がなくなってしまったのでしょうか?
茶殻の問題でしょうか? 
手間の問題でしょうか?  
ゆっくりとお茶を楽しむ余裕の時間がなくなってしまったのでしょうか?
お茶はこんなにも心と身体を癒してくれる素晴らしい飲み物なのに 残念で仕方ありません。
私の家族がどこも言うところが無く 丈夫で毎日元気に過ごせるのは「お茶」のおかげだと実感しています。 
現代社会にも魅力ある「お茶」・・・
改めて「香り」・「味」・「おいしい」を考える 今日この頃です。