24年・秋山園新茶情報No.3



さて、この品種は芽の伸長は最も進んでいるものです。あまりにも、進みすぎて此方のほうがあたふたします。
写真を見て、芽の特徴や元の親葉を見て判断できる方は、かなりの現場事情通です。


品種名は、印雑131です。撮影日は4/3の早朝です。この品種茶を生かすのには、この品種茶の特徴を理解して、製造の工夫をしたいと思います。
4/25頃には、店頭に並べることができればと希望しております。
すべて、お天気次第であるともいえるかな?
品種茶の為の一工夫は、天候です。果たして今年のできばえはどうなるか?
価格ですか?今のところ時価とお答え致しておきましょう。