4月1日、極ワセ品種足踏み


冷たい雨が降りました。すぐ近くの山は、雪景色です。何とか、寒さをかわして、新芽も伸び始めております。しかしながら、芽伸びのスピードは、遅々として進みません。
暖冬の冬ならば、4月10日くらいを新茶開始目標にして作業を進めるのですが…
今年は、桜の開花は、東京上野公園は早いが…当地区はまだまだです。


寒さを乗り越えて、生命の息吹を力強く感じるのも、あと少しです。桜がゆっくりと満開になる時は、花を眺める期間も長くなり、風流をゆったりと味わうことができるでしょう。
写真のお茶の新芽は、最も伸びているとこれです。まだまだこれから、一芯五葉になってから、上の一芯三葉を手摘みをします。一葉展開するのに4日~5日かかるので、20日ほど必要になります。
4月18日の初摘み予定よりもさらに少し遅れるかもしれませんね。
我が家の桜の開花をスタートの合図に、「秋山園新茶情報2017」を始めたいと思います。
富士お茶の秋山園、秋山勝英