5月2日は、八十八夜!

夏も近づく八十八夜

と唄われたのも、今は昔。
日本人の季節感も、ゴールデンウィークの商業ベースに巻き込まれ、八十八夜も死語となりつつあります。


秋山園の八十八夜摘み新茶は、御覧の新芽を手摘みしました。

場所は、字名東開戸です。10人程で、1日かけて、40キロ未満でした。

四貫機で、丁寧に丁寧に揉み上げて、終わってみれば夜中の1時半過ぎでした。
今年は、とにかく何時もの年よりも、遅い段取りとなっています。

ゆっくり落ち着いて、丁寧な仕事をして、皆様に喜ばれる新茶をお届けします。

追伸、山の息吹きは、5日から7日予定より遅くなります。

前の記事

夢若葉です。