DNAの素晴らしさ!


我が家の長女は「鳥類」が大好き!一番すきなのは、鶏なのですが・・・
只今セキセイインコが、巣引きの真っ最中。
今回子育てをしている「ライムちゃん」とても甘えん坊で餌はもっぱら彼氏の「レモンちゃん」にもらうばかりで太って太ってまともに飛べなかった子が、今春卵を産み子育ての真っ最中!



あんなに甘えん坊だった「ライムちゃん」が卵を温め雛を育てられるなどと思っていなかった私。
孵った雛を見てびっくり!あっためてたんだ!しかも雛のお腹には餌がパンパンに入ってソノウから餌が見える!やだ餌やってんじゃン!えらいな~と チョッと 「ライムちゃん」を見直した私。
夜中も雛は「ぴ~ぴ~」よく鳴きます。その度にラムちゃんが一所懸命に餌をやっいると思われ、雛は順調に育ち今このように大きくなりました。
台風が過ぎ去るまで・・・と久しぶりに自宅で朝ゆっくりした私は子供たちの寝息と共に、雛の鳴き声を聞いて「ラムちゃん呼んでるよ~母は大変だねぇ~」と思いながら、DNAのすごさに思いを馳せました。
誰に教えてもらったわけでもない。
もてる本能でそうする。
娘がいつか

「DNAっていうすごい百科事典を持って生まれてくるんだね。」

って。
人間も持って生まれているはずなのにおかしいな~と思うときがしばしばあります。子供を傷つけたり、育児を放棄したり、命を奪ったり・・・人間のDNAはどうなっているのでしょう。
「ライムちゃん」は巣を作り始めたら鳥(人)が変わった様に人間を遠ざけ、触ろうものなら攻撃してきます。手乗りであんなになついていた子だったのに・・・子供のために(子孫繁栄のために)命がけです。
すごいな~と思いつつ、「ラムちゃん」に近づくと「何しに来たのよ!」と入り口にたかり、こちらを見ていました。その顔は餌で汚れ心なしか疲れが出ているように見えました。その顔を見てなぜか涙が流れました。自然ってすごい!!
頑張れ!ラムちゃん!!!!!子育ては大変だね!君は偉いよ!私もとても真似できないけど頑張るよ!
チャボを放し飼いにしていた頃、チャボは自分のお気に入りの場所に巣を作り卵を産み、温め始めるとその場所を離れず卵を守ります。時々餌を食べて水を飲み、大量の糞をしてまた卵を温めます。いつの間にか、どこで孵したのかひよこを連れて土をかじる姿はなんとも言えずほほえましいものでした。
そのうちに、猫が卵を温めている (とやにつくと言うのでしょうか) チャボを狙うようになりました。気をつけてはいましたが、猫にやられてしまった母さんチャボが何羽かいました。チャボの母さんは自分の身が危険なのに、卵から絶対離れようとしないのには、頭が下がりました。自分の身を挺して子供を守る。すごいです。
からすに雛を狙い連れて行かれてしまったり、猫に連れて行かれてしまうことが多くなり小屋で飼うことにしましたが、自然界から学んだ感動の事柄でした。
人間のDNAは優れている?がゆえに愚かなのかも知れません。
ひたすらまっすぐに生きてゆけないのは、残念です。私も含めて・・・

前の記事

台風一過

次の記事

晴耕雨読