富士秋山園の「摩利支」

秋山園を代表する品種茶です。

富士秋山園の一番早起き&お嬢様の「摩利支」の紹介をしましょう。

 「茶の品種」の本によると。。。

ご購入の方は通販ページ

品種特性

  • 形状は細よれで、色沢は濃緑でつやがある。香気は甘い深みのある香り、滋味は濃厚なうま味がある。
  • アミノ酸が多く、カフェイン、タンニンが少なくバランスの良い極早生品種である。

来歴

静岡県静岡市水見色(現静岡県静岡市葵区水見色)の山森理佐雄氏、美好氏の親子により
「やえほ」の自然交雑実生の中から選抜、育成されたもので、1996年3月に品種登録された。

富士秋山園と摩利支

平成19年(2007年)3月に茶業試験場富士分場が廃止される際に委嘱を受けて秋山園にやってきました。

余談ですが平成19年は亥年。富士秋山園の茶師も亥年。運命?を感じます。

摩利支を選抜育成した山森さんとは平成11年富士秋山園に「Z1」という品種の実際を見にいらしたのが 最初の出逢い。

山森さんの印象は「山間地茶業のパイオニア」といった感じで、まじめに熱心な方でした。

摘採作業なども手伝ってくれたりして・・・今は亡き方ですがもっと沢山の事を教えていただきたかったと 残念に思っております。 時を経て私たちも

「摩利支」を栽培製造出来るようになり、改めて素晴らしい品種だと実感しています。

特に摩利支の色つや、実に色っぽい茶姿には、他の品種には無い特別なものを感じます。

2022年4月5日 すべてのものが清らかで生き生きとしていると言われる「清明」の日に

秋山園「摩利支」の手摘みがスタートしました。

一芯二葉で丁寧に摘まれた茶葉は、順調に製茶され素晴らしいお茶になりました。

頃合いを見て仕上げをし、皆さまにもお目見えさせていただきます。

2021年 富士秋山園 摩利支 清明摘み

今年の春は3月の暖かさや、春先の大きな寒波の襲来もなく、例年寒さをとても心配する品種ですが

順調に育ち二十四節季の「清明」の日に初摘みをすることが出来ました!

「清明」の読み方は「せいめい」 清明とは「清浄明潔」の略で、

「すべてのものが清らかで生き生きしている」 という意味です。

早起きの摩利支を「清明」の日に合わせて初摘みをしたいと 長年願ってまいりました。

順調に育っていても、寒波で足踏みをしたり天候不順で摘めなかったりと自然相手に苦戦してきました。ハウス栽培ではなく本当の露地栽培の状態で、その想いを果たすのは至難でした。

しかし今年は、春先の大寒波もなく順調に育ち、天気予報が芳しくなく心配しましたが

無事に「清明」の日に初摘みをすることが出来ました。万物に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

茶師が昭和30年代の四貫機で丁寧に6時間かけて細撚れの素晴らしいお茶に製茶しました。

2021年3月11日 摩利支芽吹き
2021年3月18日摩利支
2021年4月1日摩利支 実に美しい茶姿
「清明」摩利支手摘み
翡翠色の素晴らしい生葉
製茶された摩利支